お医者さんとして仕事をするためには、医学部受験に合格する必要があります。そのための特別な授業を受けられる専用の予備校もありますが、ここでは受験対策に利用できる学校の選び方について説明したいと思います。

利用できる医学部予備校

医学部に入りたいけどどの予備校がよいか分かりづらい、そういう時はあるのではないでしょうか。ここでは学びやすい医学部予備校の選び方などの情報をお伝えするので、自分に合った学校を選びたい時に参考にしてくださいね。

実は費用が変わりやすい!医学部のための予備校

医学部を選ぶ理由は医師として就職をするためで、夢を実現するためには必要な知識を取得することが求められます。勉強は独学ですると費用がかからなくて手軽にできますが、医学部は専門的な知識が必要で予備校に…

> read more

寮などで生活しながら学べる!特別な予備校

高校を卒業した後に大学受験を目指すとき、そのまま高校には行けないので自分で勉強していく必要があります。大学受験のための専門の学校として予備校があり都市部を中心に全国にありますが、地方になればなるほ…

> read more

安心して学べる医学部の予備校を選ぶポイント

医学部の予備校を選ぶ時は目標を決めて最適なカリキュラムを探し、サポートが充実して講師に質問しやすくすると安心して学べます。

実力に合わせて選べる!便利な医学部予備校

医学部予備校にも違いがある

医学部予備校は医学部に特化した受験対策をしてくれる予備校で、医学部独特の出題傾向に合わせた指導を受けられるのが特徴です。どの予備校でも共通しているのは医学用語などの説明をしたり、医学に関わる英語を学べたり、小論文や面接の対策として医療時事に関する情報をもらえたりすることです。ただ、実際に受験するときには人によってどの医学部を受けるかが異なるでしょう。大学ごとに偏差値にも違いがあるだけでなく、出題傾向にもかなり異なっているので全く同じ勉強をするのは合理的ではありません。そのため、予備校も生徒の実力に応じて授業をできるように工夫をしていることが多く、選び方次第でとても便利に利用することが可能です。

志望校と偏差値から選ぼう

医学部予備校を便利に使うためには自分の学力を見極めるだけでなく、志望校がどこかもできるだけ早い段階で決めておくのが大切です。医学部予備校では偏差値でクラスを決めて自動的に割り振られる仕組みを取っていることもありますが、志望校ごとにクラス分けをしていることも多いからです。偏差値別になっている場合にはその偏差値で目指せる医学部の出題傾向に合わせた指導を受けられるため、志望校が決まっていなくても最終的に目指すと良い医学部がどこかをだんだんと理解できるようになります。 一方、志望校ごとのクラスに入れればその医学部の出題に特化した指導を受けられるので受験で有利になれるでしょう。どちらにもメリットがあるので志望校と偏差値を両方とも加味して決めるのが重要なのです。

合格できる医学部予備校の選び方

沢山医学部受験のために利用できる予備校がありますが、自分に利用しやすい所を見つけるのは案外大変です。ここでは受験に使える予備校の選び方などに関する、具体的な情報をお伝えするのでぜひ参考にしてください。

事前に確認しておきたい予備校の実績

医学部予備校に通う時には、少しでも質が高い予備校に通う事が合格の近道です。そこで、予備校の実績を見ていくことが重要ですがまずどれだけ有名大学に合格できているのか確認します。医学部は、どこの大学でも…

> read more

受験対策で重要になる予備校のサポート体制

大学受験には一般入試と推薦入試があり、推薦入試では筆記試験の他内申点や面接などで選考されます。一方一般的な学部の一般入試は筆記試験のウエイトが高く、当日に受けた試験などで高得点を取れば合格の可能性…

> read more

医学部予備校は個別指導と集団指導のどちらがよいか?

医学部合格を目指して通う予備校が集団指導スタイルだった場合のメリットはライバルの存在です。同じ講義室で同じように医学部合格を目指して切磋琢磨するライバルを得られます。また、成績の良いライバルがどの…

> read more